治療研究・治験情報

現在登録中:孤発性(非遺伝性)ALS成人患者さんを対象としたMERIDIAN試験


米国アペリス社は、孤発性(非遺伝性)ALS成人患者さんを対象とした第2相臨床試験(呼称:MERIDIAN試験)を開始しました。この治験では、以下に該当する患者さん約230名を登録中です。日本では、このうち約40名を登録予定です。

  • 年齢18歳以上の方
  • 孤発性(非遺伝性)ALSと診断されている方
  • スクリーニング*1時のSVC(肺活量)が予測値の60%以上である方
  • 過去72週間(約1年5ヵ月)以内にALS症状の発現を経験した方(治験担当医師の判断に基づく)
  • 他に神経筋脱力の原因がなく、かつ他の神経変性疾患(パーキンソン病、ハンチントン病など)と診断されていない方

その他の基準も評価した上で適格性を判断します。

ペグセタコプラン(Pegcetacoplan)*2は、現在評価中の治験薬です。治験薬とは、ペグセタコプランがALSの治療薬としてどの保健医療当局にも承認されていないことを意味します。

詳細情報は、ウェブサイトhttps://www.meridiantrial.com/をご覧ください。

治験に参加する医療機関への紹介が可能かどうかを8つの質問から確認出来ます。紹介が可能な場合、さらなる検討のため、最寄りの治験実施医療機関を選択できます。

治験にご関心がおありの場合は、まずかかりつけ医にご相談ください。

*1:治験では、治験薬の有効性や安全性を正しく評価するために、対象となる患者さんの基準をいくつも設定しています。これらの基準に合致していることを調べる(適格性を評価する)ことをスクリーニングといいます。

*2:ペグセタコプランは、疾患を引き起こす病原体の除去に役立つ、補体系と呼ばれる免疫系の一部を抑制する作用があります。通常の状態では、補体系は、体に害を及ぼすことなく、病原体や損傷した細胞を除去するのに役立ちます。しかし、時として補体系の活性化が制御されていなかったり、適切でなかったりした場合、体に損傷を与えることがあります。ALS患者様とALSマウスモデルの研究に基づき、補体系の活性化がALSの発症と進行の一因となると考えられています。

一般社団法人日本ALS協会

トップへ戻る