お知らせ

ふなごやすひこ氏(れいわ新選組、難病ALS患者)の参議院議員当選についての声明


                             2019年7月22日

                    一般社団法人 日本ALS協会

                        会長 嶋守 恵之

昨日の参議院議員選挙において、れいわ新選組から特定枠で立候補されていた、ふなごやすひこ(舩後靖彦)氏が当選されました。

当選を祝し、今後のご活躍を期待します。

ふなご氏は難病ALS(筋萎縮性側索硬化)を罹患して、現在、人工呼吸器を装着し、24時間介助を受けながら、歯で噛むセンサーを使って特殊な意思伝達装置(パソコン)を操作し、コミュニケーションをとり生活しています。

今回、そのような重度障害を併せ持つ神経難病患者が国政の場で活躍することは、これまでにない社会参加であり、画期的なことです。

ふなご氏のALS障害をご理解していただき、国会における車椅子のバリアフリーやコミュニケーション障害等への合理的配慮をお願いしたいと思います。

議員活動については、ご自身の健康に留意しながら難病患者や重度障害者が住み慣れた地域で共生できるよう、当事者目線から療養環境の整備を行うと共に、一日も早く有効な治療薬を開発できるように、ご活躍されることを期待します。

                   以上 

トップへ戻る